脱毛サロンの予約変更は当日が多い

標準

脱毛サロンは人が集まる駅や新しく出来たファッション施設主要都市など若者が沢山集まる場所によくありますね。
脱毛サロンに通うとなると月1回を1年ほど続ける事になると思いますので、サロンを探す条件は通勤通学で使う駅近辺、よく買い物やランチに行く場所など自分に負担がかからず通いやすい場所は第一条件になるかと思います。
1時間の施術のためだけにわざわざ休みを使いたくないですよね。何かのついでに通えるのが一番理想的な通い方だと思います。
脱毛はレーザーを直接肌に当てたりとお肌に負担がかかるため生理中などはできないサロンが多く、施術後も数日間はシミなどが出来やすくなる為に日焼けは注意です。
いざ通い出して1ヵ月も前から予約をしていたのに、急に生理になりやむなく当日キャンセルをしたり、夏はビーチやプールに行く予定ができてしまい通えなかったりと、わりと早くから予約を入れていても脱毛サロンは当日キャンセルになることも多いので
近くに行く用事があるのでそのついでに当日予約ができるが確認してみたりと、いつも予約でいっぱいな脱毛サロンのイメージですが急な予約もすんなり取れたりしますので
ダメもとで当日予約をするのもおすすめです。

フラッシュ脱毛の前後にはサウナに入れない?

特に汗をかく機会が少ない方にとって、サウナはたっぷりと汗をかくことができる最高のスペースです。
サウナには、代謝機能アップや血行不良の改善効果を期待することができるといわれていますので、利用しているという方は多いことでしょう。
ですが、フラッシュ脱毛を受けるのであれば、サウナに関する注意事項を守らなくてはなりません。

■フラッシュ脱毛の前後ってサウナは禁止なの?
フラッシュ脱毛は、光を毛根部分に照射して毛根にダメージを与えるムダ毛処理方法で、フラッシュの照射後には、皮下に光の熱が滞留した状態になります。
そして、このような状態が起こることを見越すのであれば、フラッシュ脱毛前のサウナは禁止ということになります。
サウナの後には水風呂に入り、クールダウンを行うことが多いですが、サウナによって体内に取り込まれた熱は、水風呂で完全に体外へ放出させることはできませんし、血行が良い状態となっています。
つまり、サウナの熱が体内に大量したままの状態でフラッシュ脱毛を受けると、施術後に痒みが現れたり、炎症が起こったりしやすいと考えられるということです。
このような理由から、脱毛直後のサウナも禁止となります。
サウナに行くのであれば、脱毛の前後1日は避けましょう。
フラッシュ脱毛後のお肌が熱を持っているようであれば、その状態が改善するまでサウナはお預けです。

■フラッシュ脱毛後にはこの行為にも注意して!
フラッシュ脱毛後には、激しい運動やお風呂も避けましょう。
フラッシュ脱毛後に激しい運動を行うと、サウナと同様に体温が上昇するだけではなく、血液の循環も良くなりますので、やはり痒みや炎症が起こりやすくなります。
もちろん、熱いお風呂の湯船につかることも禁止です。
また、フラッシュ脱毛後の食生活は見落としてしまいがちな部分ですが、フラッシュ脱毛後にアルコールを摂取した場合でも血液の循環が良くなり、痒みや炎症などの肌トラブルが起こりやすくなると考えられます。
フラッシュ脱毛を簡単に考えていると、その前後の制約が煩わしいと感じるかもしれません。
ですが、これらの注意事項を守らないと、施術後に思ってもいなかった肌トラブルに見舞われる可能性が広がります。
フラッシュ脱毛を受けるのであれば、その前後のサウナや湯船は禁止、激しい運動やアルコールの摂取にも十分に注意する必要があります。
これらを行わなかったとしても、フラッシュ脱毛後には、お肌が熱を持ったり炎症を起こしたりしやすい状態となっていますので、フラッシュ脱毛後にはお肌を冷やし、なるべく安静に過ごしましょう。